ハート

永遠の愛のために|ヨンドシーの結婚指輪で一生物の指輪を探そう

自分らしさを表現できる

ドレス

結婚式で花嫁が着るウェディングドレスといえば、純白のドレスが一般的です。披露宴では、この純白のドレスの他に、お色直しで違うドレスを着る事があります。お色直しの時には、来てくださった方をハッとさせるようなカラードレスを選ぶと良いでしょう。結婚式での厳かな雰囲気にぴったりな純白のドレスはもちろん素敵ですが、自分らしさを表現しやすいのはカラードレスです。披露宴では、好きな色やラインのカラードレスを選んで、より美しく自分を表現しましょう。以前と比べて最近では様々な色のカラードレスがあり、人気のピンクやレッド、ブルーなどの他にも、イエロー、オレンジ、ゴールドなど、昔はなかったような個性的な色が揃っています。

カラードレスの色を選ぶ時には、好きというだけではなく、それぞれの色の特徴を知っておいた方が良いでしょう。ピンクは女性らしく大変人気の色ですが、淡い色だとぼんやりとした印象になり、膨張して見える事もあります。そのような時は、少し濃いめのピンクを選ぶと引き締まって見えます。ピンクと同様に、レッドも女性らしくて人気です。明るい色味から濃いボルドー系まで様々ありますが、色味によってはクリスマスなど冬の季節を連想させる場合があるので注意しましょう。他の色も、全体的に淡い色は可愛らしく、濃いめの色は落ち着いた雰囲気になります。自分の好きな色でも似合わなくては意味がありません。試着などで顔写りや全体的なバランスを確かめて、最高のドレスを選びましょう。